ナウなヤングにバカウケしたいなあ。

自由故に孤独を愛し、孤独故に自由を欲す(猫侍)。スカイプIDはsuhubu1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏休みの終わりを告げる怪奇作


<<日本の怪奇シリーズ>>
●名前 蝿声(さばえ)すモノ
●身長 200cm
●体重 432kg
●出没時間 深夜2時頃
●所属 悪
●瀬戸内海沿岸にて発掘された正体不明の遺跡から出土した謎の器具(?)の断片や磁器(?)の欠片が合体して生まれた正体不明の怪物。名前の由来は近づくと蝿の大群が飛び交う羽音のような音が聞こえることから。右手と左足は自在に伸び、左手と右足は砕け散っても周囲に何らかの破片が転がっていればソレを元に再生が出来る。腰周りは触っても手応えが無く、一説には蝿の大群が渦巻いているのではないかと言われている。また、右手と左足を触れた者は「とても熱かった」と答え、左手と右足に触れた者は「とても冷たかった」と答えたことから、熱気と冷気を操ることもできるのでは?と考えられることもあるが定かではない。
===
・8月10日 
あの怪物は何者だったのだろう。
残業を終えて、いつもの帰り道を歩いていると、道に沿った家並みの屋根の上にふっと目がいった。そこには何か大きな巨体が蹲っていた。しかもソイツは、私がいつもの帰り道を歩けば、是が非でも顔を合わせねばならなくなる位置に居座っているのだ。止せばいいのに私はいつもの帰り道を歩いてしまった。よほど疲れていたか、若しくは好奇心かもしれない。
………さて、ソイツの前に出る形になるまで後僅かだ。あの巨体が目に入ってから微かに聞こえていた耳障りな羽音も、より一層に耳障りな羽音に変わっている。奴の姿を見たくない。その一心で道路の白線だけを凝視しながら歩き続けた。しかしソイツとの距離が縮まるにつれて、言いようの無い不安が胸を包む。もはや耐え切れん。カッとソイツが居るであろう屋根の上を見据えた。そこには屋根を伝う月光が白い筋を作っているのみだった。
………あの怪物は何処に行ったのだろう。全く気にかかるが、今日のところは寝るほかは無い。明日…いや今日も仕事だ。
しかし、暑い。クーラーを付けているが暑い。どうやら他の家もクーラーを付けているようで、排気用のクーラーの音が、夜の帳を散らしていく。しかし耳障りだ。よっぽど古いクーラーなのかファンの回転数も一定していないらしい(音を聞く限り。ウヮーウヮーと喧しい)。早く寝よう…
===

謎。
コイツは一体何者なんだろうか……
スポンサーサイト
  1. 2011/08/31(水) 22:51:17|
  2. オリジナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日、そして今の苦悩

青年期は躁鬱の繰り返しだ。とは何処かで私が聴いたことだ。
ナウなヤングである私も青年期に当たるのだろう(私は若者)。しかし、まぁ、実際のところ躁鬱するほど気持ちも跳ね回っていないし、むしろ沈みこんで身動きしない。掻っ捌かれた腹に泥水をぶち込まれ無理やり縫合されたような気分だ。言いようの無い不安が心をよぎり続ける。おかげで物事をまともに楽しめない。ここ一年心の底から楽しめたのは数えられるくらいだろう。

結局、この不安は何なんだろう。多分に漠然とした将来への、過去の、生き方への不安ではなかろうか。なるほど、書いてみれば確かに。振り返ってみればただ何となく生きてきたような人生だ。幼稚園で疎外感を味わい、小学校で孤立を実感し、中学校で1年近く学校へ行くのをやめ、高校で「人生どうでもいいやぁ」の極論に至り、大学入試も落っこちて、今や編入目的で短大に入ったものの、その編入対象の大学に「何で入るの?」の考えに至って、放棄しかけている。
こうやって書いてみると高校あたりからモノを考えるようになったのだなぁと実感する。しかしまぁ考えることが腐ってるというか退廃的というか自己破滅願望でもあるのじゃないかしらと疑いたくなる。普通ならもうちょっと努力しそうなものだが、私という人間は中学を出た辺りから湧き出す「私、生きてても意味ねぇ」の考えが蔓延し続け、抜け出そうとしても抜けられない。そのうち自分で自分が歯がゆくなる。時間を経て歯がゆさは不安に変わる。自殺に至りそうだ。
が、この記事を書いている以上、私は生きている。何故か。それは世捨て人のような考えをしていながら「まだ生きていた方が何かある」という天邪鬼が私の中に居るのだ。先にも書いたこの天邪鬼は何なのか? それはまぁ私なのだが。考えてみれば、この天邪鬼は悩み続ける私自身が私自身に無意識下で行っている不安のガス抜きなんじゃないかと思う。無意識下で逆のことを煽っておいて、その問題で心と頭を占有させ、その間に不安を心外へ。そしてとりあえず生き永らえさせる。これは心理学とかでよく聞く「自己防衛」というやつなんだろうか。もしそうなら、私は自己防衛依存症か何かだ。常に自己防衛を続けて何も考えないようにしている。不安を考えないように。コレを書いている今も「なんで文章や絵の勉強をしないの?」という問いかけを自問自答している(心の中で)。
しかもコレは心の中だけで済むものじゃないのかもしれない。私の創るものは自己防衛の産物なんじゃないだろうか。ヒーローという机上の落書き、レビューという駄文。センスなき漫画。何にもなりゃしないモノを考案しているのも、講義中とかそんな時間だったりする。時間の無駄遣いだ。しかしそうでもしないと、まず落ち着けないのだ。
そしてそれを容認している私は、落ち着けない私を止められないのだ。これで何か身を立てれるほどのケッサクが出ればよいが、そんなものは微塵にも無い。はっきり言って小学生にすら負ける駄才で生み出されていると言ってもいい。それでもなお、作品を作ろうとする。
これ即ち、私が自身のコントロールが出来ないということ。コントロールする私が機能していない。
私は、不安を消そうとして自分を消しつつあるのではなかろうか。不安を考えられないように……

結局、私という自我はどうなるのだろう。と今に思ったが、これも不安なのかもしれない。

===

※このエッセイには多分に脚色された箇所などございますのであまり本気になさらないでください。
  1. 2011/08/25(木) 22:55:47|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拳闘


<<S・ディロイドシリーズ>>
●名前 ディロイ・パンチャー
●身長 5.2m
●体重 2.2t
●連打速度 1秒100発
●所属 正義
●「デフォルメイト計画」から得られたデータを元に作り上げられた第三のディロイド。拳闘士をモデルに製作されており格闘戦が得意だ。必殺技は高速連打で拳を叩き込み、相手を吹き飛ばした直後に拳にたまった熱を倍増させ、相手に叩き込む「オーバーヒート・コンビネーション」。調子が良ければその威力は富士山の5合目くらいまでなら吹っ飛ばせる。第三機目だけあって喋れるようになり、うまくコミニュケーションがとれるようになっている(目玉があるのもそれを示している)。
===
…ここは永久凍土の広がる大地。そこには巨体でありながら機敏に動き回る一機のディロイドがいた。
その名はディロイ・パンチャー。彼は今、己の必殺技であるオーバーヒート・コンビネーションをより磨きをかけようと鍛錬していたのだ。
地平の果てまで広がる永久凍土をオーバーヒート・コンビネーションの打撃力、熱量で溶かせるようになれば、より強力な技へと昇華できる。そう考えた彼は居ても立ってもおれず、永久凍土へとやってきたのだ。

彼が永久凍土の上を舞いながら、早くも一週間。彼のエネルギーもそろそろ危なくなってきた。
彼はこの一週間の鍛錬を、一撃の拳に込めて永久凍土へ叩き込もうとしている。
果たして、彼の拳は永久凍土を水の海に変えることが出来るだろうか…
===

思い出したようにディロイド3機目。
目が付いたことでよりSDらしくなった気がする。
ラムネ&40辺りの守護騎士に混じっていても違和感なさそうな気がする。
  1. 2011/08/23(火) 21:26:41|
  2. オリジナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農協牛乳は良いものだ「バットマン マスク・オブ・ファンタズム」

さて、バットマンの映画である。バットマンの映画というのは結構多数あり、特に人気の高いのはティム・バートンの「バットマン(1989年)」とクリストファー・ノーマンの「ダークナイト(2008年)」だろう。スタイリッシュにホラーなバートン版。シリアスにダークなノーラン版。甲乙付けるのは難しい。
が、しかしも案山子ももう一つ追加して三羽烏ならぬ三羽蝙蝠にしたいのがこの「マスク・オブ・ファンタズム」だ。

コイツのレビューの前にコイツが「バットマン(海外名はバットマン ジ・アニメイテッドシリーズ。以下アニメイテッド)」の劇場版であることから、アニメイテッドの方を先に説明。
このアニメイテッドはバートン版バットマン(放送開始時の時点では続編のリターンズ)に続いて始まっただけあって、劇中のBGMから世界観やらに名残があるが、それだけに終わらず全体的にゴシックの効いたアールデコ調の世界は今見ても新鮮であり、今見てもそれほど遜色しないんだなこれが。カッコいいのだよ。線が少ないが、動きがある。

さて、アニメの講釈はここまでに本編の内容をば所々説める。ストーリーはバットマンの誕生を、ブルースとアンドレアとの恋愛の回想を軸に進めている。

ゴッサムシティに現れた謎の怪物、その名は「ファンタズム(劇中で説明は無いが)」。煙と共に現れ煙と共に消え去るミステリアスなその姿は、あたかも悪魔博士(Drドゥーム)の3Pカラーのようだが、バットマンの映画では新鮮味のあるキャラクターだ。というのもバットマンの映画で、多くの悪役は多くの一般人を巻き込んだ大事件やら大惨事を起こそうとするが、ファンタズムは復讐の為だけに目的の人物のみを消す。こういう復讐鬼タイプの敵がメインの悪役をやっているのは、バットマンの映画の中では珍しい。

復讐の為に次々とマフィアのボスを消していくファンタズム。だが、マントとマスクを装着した姿はバットマンと誤解される。
「バットマンはワシらを皆殺しにするきじゃ~!」
コレに恐れをなしたマフィアのボスの一人がある人物にバットマン抹殺を依頼する。
それは誰か?そう、あのジョーカーである。バットマン最大の敵、狂気の道化師。ウルトラマンで言ったらメフィラスレベルの存在感(個人比)。
この映画のジョーカーは他のバットマンの映画の程に大きく出番を取ってはいない。しかしちゃんとジョーカーなのだよ。本作でも依頼人を笑い死にさせ人間爆弾に仕立てて囮につかったり、用済みになった市会議員をあえて笑い死にさせず、病院送りにしたりと、やっぱりジョーカーだ。因みにメリケンでの声はマーク・ハミル。あの「スターウォーズ」の旧三部作の主役、ルーク=スカイウォーカーその人である。ハリソン・フォードは「インディ・ジョーンズ」で見かけたが、とんと見かけなかったルークは吹き替えの方で生きていたのだ。日本では声は青野武。一々しゃべり方の安定しないジョーカーを面白怖く演じるのは流石や流石。私にとってベストジョーカーだ。

さてそんな中、我らがバットマン。10年も前の恋人・アンドレアに再会する。バットマンことブルースは苦悩する。
「俺バットマンやめるべきやろか。やめてアンドレアと一緒になったほうが…ゴッサムはロボットでも守れるって…」
ブルースの自分とバットマンの自分との間で悩む中で、過去の思い出と現実が交差する。アンドレアとの出会いと別れ。その中で、さりげなく明かされるバットモービルやバットケープの誕生秘話。そしてバットマンの誕生の瞬間へ結実する。
この映画のバットマンいやさブルースは何処か人間らしさが漂っている。強い精神を持つ男であるはずのブルースが、つい亡き両親に弱音を吐いてしまったり、アンドレアへの思いを断ち切れなかったりと、他のバットマンの映画では見れないブルースだ。
さて、映画もクライマックスに近づきながら過去と今の交差から様々な事実が分かり、佳境を迎える。廃墟と化した未来パビリオン(?)を舞台に戦うバットマンとジョーカー。そこへ割り込むファンタズム。否、アンドレア(伏字にしときます)。そして巻き起こる大爆破。
そして、アンドレア(ここも伏字にしときます)を救えなかったことを悔やむブルース。バットケープに佇む彼の、気付いた視線の先にはアンドレア(ごめんね伏字にしときます)のペンダントが…
そしてアンドレアは喪の衣装で客船の上に。その衣装は大爆発に消えたファンタズム、若しくはジョーカーへの手向けか…余韻を残してバットマンは今夜もまた闇の中へ飛び込んでいく…

どう見ても子供向けじゃない。むしろサスペンス物のソレだ。しかも1時間と少しで終わる。ノーラン版程の冗長さも感じず、観終わった後はバートン版でも見たかのような爽快感。だが、中身はノーラン版ほどのくどさが残らない丁度よいシリアス。なんというハイブリットだろう!また音楽もバートン版に近いながらもよりダーク加減を強めている。歴代のバットマンのテーマの中でもカッコよさを基準にしなければ(勿論カッコよくないわけではない)、もっともダークなバットマンのテーマだと思う。

「嗚呼!大画面で見たかった!!当時!!!」
コレを観た後はこう言わずにはいられない。むしろ、おれまい。

===

ツイッターで山ほどつぶやいたが、折角なのでまとめたわけさ。
もっともっと評価されて欲しい。
因みに封切日は12月24日だったらしい。クリスマスにはちとビターなラブストーリー。
今回は商品のリンクをつけたりしたぞ。技術的に飛躍だ。
プリンスっていいと思う。

バットマン マスク・オブ・ファンタズム [DVD]バットマン マスク・オブ・ファンタズム [DVD]
(2006/12/08)
ケヴィン・コンロイ、 他

商品詳細を見る
  1. 2011/08/10(水) 22:52:17|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

喫煙元諜報員


●名前 タールボイス
●身長 175cm
●体重 90kg
●一日の喫煙量 3カートン
●所属 正義
●国際諜報組織「黒イ手帳」に所属していた元超A級エージェント。ある任務で偶然に黒イ手帳の秘密を知ったために組織から事故を装って消されそうになるが、瀕死の重傷を負いながらも死亡を装い逃げ延びる。逃げ延びる途中で傷の悪化から倒れるが、倒れた場所に居合わせた異端の町医者「Drイノセント」によって全身の皮膚を合成皮膚に変え、甦ったのが今の姿。武器は黒イ手帳所属時代から愛用している煙草の数々。様々な煙草を状況によって使い分ける。元から煙草が好きだったので日に何本も吸う上に自作する。しかし常人のまともに吸えるような代物ではない。現在はDrイノセントへの恩義もあり、彼の住む町で酒場の非常勤用心棒をしている。
===
タールボイスの所持物一覧(2011年8月8日時点)

煙草 銘柄「ホークスオービット」 一箱(7本)
煙草 銘柄「アシッドモール」 一箱(10本)
煙草 銘柄「エクスプロージョン」 一箱(19本)
煙草 銘柄「ミストシティ」 一箱(未開封)
煙草 銘柄「レッドアウト」 一箱(6本)
煙草 銘柄「スマッシュソー」 一箱(18本)
煙草 銘柄「タールスカッシュ」 一箱(2本)
投げやすい小さな塊 三個
メモ帳の切れ端(?) 二つ
ペン(黒) 二本
焼け焦げた手帳 一冊

以上
===

ザ・ハードボイルド
を目指した。

結構かっこいいんじゃないだろうか。いろいろとキまっている。
  1. 2011/08/08(月) 00:21:15|
  2. オリジナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。