ナウなヤングにバカウケしたいなあ。

自由故に孤独を愛し、孤独故に自由を欲す(猫侍)。スカイプIDはsuhubu1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NCやAVGNの影響と何か

ここら辺から暫くは序文です。全部読むのは面倒な場合、太字だけ読めば大意は伝わるかと…

うーんやはり面白い。AVGNとNC。
前者は世界共通のプレイヤーの視点と海外のプレイヤー特有の視点から、如何に対象となるクソゲーがクソなのかをアメリカン毒舌で力説。動画の編集技術の高さも相乗して、映像作品としても面白いという一粒で二度美味しい。
後者は、日本で言うキレ芸に近い所があって、寧ろ対象となる映画そのものより、NCがレビューの対象が付加しているネタにどんな反応を起こすかが楽しみになるという、一種の芸人である。
ヒットしている理由は色々有ると思うが、やはり目新しさが一番大きな要因なのではなかろうか。こと日本だと(有志による翻訳版が中心)、海外特有の視点を感じ取ることが出来るというのが目新しかったのではなかろうか。

前述の二人が日本に浸透する以前だと、有野課長のゲームセンターCXや、動画サイトにアップロードされる実況動画が主流だった。この二つの主流は会話というか、半ばグダグダな雰囲気を楽しむことが面白さになっていて、それは悪くはないし、日本の文化みたいなものだと思う。

だがパッと見て判り易く纏まっている作品というのは、あまり見受けられず、雰囲気を出すための冗長さ故に少し長かったり、映像作品としてのインパクトの強いものはあまり存在していなかったように見受けた。こと映画に関しては文章こそ多いものの顔出し動画のような映像として語っているものは少ないし、そもそもそれをすると叩かれる風潮がある。日本は出る杭は打たれる。

だが、レビュー対象に言いたい所をスパッと纏め、くどくなく、映像としても面白く、更に顔出ししても嫌悪感を感じず…と目新しさをもっていたAVGNやNCが今、世界でブレイク(ネット上で)しているのはそういうスッキリとしていて、それでいて密度の濃いといふ非常に構成力の高い所に有るのか…と思う。

さらにこの二人はマルチタスクをこなせるというか、バイタリティが高いと言おうか、AVGNならゲームだけでなく、映画やボードゲームのレビュー。NCなら懐かしの(アメリカの80~90年代が主流?)TV番組へのレビューや○○トップ11シリーズ…と一つのジャンルのみでなく、複数のジャンルを取り扱っている。AVGNは其々で別の名前を使ってレビューし、それぞれでキャラも評価法も変わっている(ゲーム以外は穏やか)。NCもまた名前を変え、更に姿も完全に変っており、キャラのブレ幅もとても広い(いっちゃってるホームレスから知識人風まで)、本当に芸人だと思う。
で、この二人に負けじと様々な動画レビューを創っている人は動画サイト上に大勢いるし、それは凄く面白いことだなと思う。一度くらいは桜☆もやりたいなぁ…と気弱ながら考えることもまたある(顔出す勇気は無いんだよなぁ…)。

(ここから本題)

で、ここから漸く言いたいこと。
構成力の高いレビューは、それを見る人間への汎用性と浸透性が凄く高い。桜☆の書いた駄レビューにも何かとこの二人の影響が強く思う。何とか抜け出したいところだ。
ことに、この二人のレビューは言いたいことを前面に押し出しているテーマ性が強いところがあって、ついついそのテーマとなる意見が染み付いて自分の意見の構成に影響が出てしまう。
この二人が対象を褒めちぎってるレビューの影響なら、差しさわりはあまり無いと思うのだけれど(個人的に)、レビュー対象がクソという扱いの場合は、一寸違ってくる。
先に書いたようにテーマ性が前面に出ていることで、主体がクソ扱いなので褒める箇所について述べていても、カレーに付いてくる副神漬けのように小さな扱いなので(でも構成としては重要)、レビューを読んで知ったような顔をする輩がほぼ聞かないところだ。
この知ったかする輩といふのは、得てして喋りたがりで、サブカルチャー分野は非常に多いと思う。
つい先程に「バットマンの映画に出るペンギン(バットマンの悪役)とかひでえわwwwシュワルツネッガーまじひどいわwww」と不快な嘲笑する輩が居たのだが、彼の言い草は概ねNCの「Mrフリーズの逆襲」のレビューが影響元なのだろうけれど、そもそも君の言い分だと配役を間違えているし、彼がシュワルツネッガーを酷いと言うのは主に滑舌が悪いと言いたいのだろう。だがシュワちゃんの滑舌の悪さは半ばネタで言われていると知っているのだろうか。そもそも日本語の吹き替えでしかシュワちゃんの出る洋画を見ないような輩の言えることではない。
彼は別にレビューするつもりは無いだろうし、そういった態度でしてほしくない。だが、彼は間違いなく人に話すし、彼の話を聞いた他者が間違った形で不当な作品の評価の印象を受けるは好ましくないことだ。
ちゃんと一から自分で感じたこと、調べたことを構成して人に話す。当たり前の話だけれど、そういう姿勢を忘れないで桜☆はレビューを付けたい。そう思ったわけさ。

纏まってねぇな、この文章
スポンサーサイト
  1. 2012/07/01(日) 19:40:10|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新漫画のお知らせ | ホーム | 和平的解決を目指して>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bosinari.blog71.fc2.com/tb.php/117-6f037e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。