ナウなヤングにバカウケしたいなあ。

自由故に孤独を愛し、孤独故に自由を欲す(猫侍)。スカイプIDはsuhubu1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

mix freak


●名前 フリークス(本名不明)
●身長 220cm
●体重 98kg
●出没場所 戦い有る処
●所属 ?
●正義と悪の戦う処に現れる謎の存在。戦いに参加するわけでは無く、終始無言で戦いを見続けるのみである。その真意はわからず、正義も悪も相手にはしていない。その体は様々な物体や生命体の体のパーツで構成されており、彼(?)の持つスペックは計り知れない。なぜ戦いを見続けるのか……その真意とは……?
===
「サアっ、来イヨ」「……ォッ!!」
ここはとある森林地帯。木々の間を縫うように二つの影が戦いを繰り広げていた。一つは我々の知っているザビードだ。そしてもう一つの影はシャドーコマンダー。その戦いから離れた場所にフリークスが立っていた。
(アンナトコロに突っ立っテマタ見テイヤガル。何ダっテンダ…)
シャドーコマンダーは一瞬、フリークスに気を向けたがまた気をザビードに向けた。一方のザビードは無言で木々の間を駆け抜けながら左手を切り離しシャドーコマンダーを仕留める準備をしていた。
一瞬の隙を突きシャドーコマンダーに射ち投げた。直撃すれば左手の爪で致命傷は免れられない。
(…!!)
直撃したとザビードが確信したときシャドーコマンダーの姿は崩れ飛んだ。影で作られた分身だったのだ。
(………)
周囲を見回すザビードの上に月光が輝く。その明かりの中にシャドーコマンダーの姿が映える。自身の影に重なる敵影を捕らえたザビードは上空のシャドーコマンダーに向かって構える。お互いの距離が縮まり今ぶつからんとしたその時、ザビートが思わぬ事を口走った。
「!?…フリークスの左目が光った……」
「ナニっ!?」
一瞬気を取られそうになったシャドーコマンダー。だがザビードには一瞬で十分だった。ほんの僅かに動きが鈍ったその一瞬にザビードは左腕そのものを引きちぎり、降りかかるシャドーコマンダーに狙いを定めバットの片手打ちの要領で打ち飛ばした。
「ギぁ!!…クソウ!」
打ち返されて木々の間に落っこちた。シャドーコマンダーは逃げるように影に溶け込んでいった。
静けさを取り戻した森の中でザビードはフリークスの立っていた場所を睨む。既にフリークスの姿は無かった……
===

継ぎ接ぎヤロー。
本来は案山子(かかし)を名前にしたかったが諸事情で中止。この名前で落ち着く。
何野は「狂気を感じる…」とのコメントを放った。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/23(水) 22:22:05|
  2. オリジナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ネオ忍者 | ホーム | 最小剣士>>

コメント

桜☆様、恐れ入ります、心中お察しします。

このシリーズはもっと作るべきでショウ。
  1. 2011/02/25(金) 10:36:15 |
  2. URL |
  3. 何ニート中一 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bosinari.blog71.fc2.com/tb.php/34-4ae2ac1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。