ナウなヤングにバカウケしたいなあ。

自由故に孤独を愛し、孤独故に自由を欲す(猫侍)。スカイプIDはsuhubu1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

亜界邪帝


●名前 亜界邪帝 ジェンペル
●身長 無限域(我々の世界での大きさ)
●体重 無限域(我々の世界での大きさ)
●構成世界 無限域(我々の世界での数量)
●所属 中立
●世界の外に広がる「世界以上の何か」である「亜空界」と幾多の世界とのねじれや歪みが亜空間融合したもの。彼を構成する「世界とのねじれや歪み」の元である世界達に存在する、または存在していた、存在するであろう全ての「力」を使役することができる。これは亜空界のみでなく幾多の世界でも、力を使役しようとする世界の法則を無視して使役できる。力を出さずとも彼が触れただけで世界は砂糖細工のように崩壊してしまう。一応力をセーブして他の世界に介入することもできる(身体縮小、パワー無限分の1)が、それでも世界の一つや二つ、文字通り力ずくで破壊できる。あまりに強すぎてやることが無いので普段は亜空間や亜空界を彷徨っている。
===
幾多の世界において時間や空間を越えて繫がりのある空間「亜空間」。そしてこの亜空間同士は繫がっており、その繫がった空間を「亜空界」という。亜空間は幾多の世界を飽和する広大な「世界以上の何か」として存在する。ジェンペルはその亜空界と世界とのねじれや歪みから生まれた。邪帝とあるが単にねじれや歪みという世界のマイナス要素から生まれただけで別に悪の帝王とかそういうわけではない。彼にとって正義も悪も取るに足らないものであり、このところの彼は亜空間や亜空界を彷徨いながら他の世界を眺めて過ごしている。時々、新たな世界のねじれや歪みを発見しては亜空間融合により自身に取り込むことも忘れない。別にこれ以上強くなっても仕方が無いが、彼にとって癖のようなものである。彼は今日も彷徨う……
===

ジ・エンペラー
もう小学生パワー全開でお送りしますよ!
スポンサーサイト
  1. 2011/04/18(月) 01:29:02|
  2. オリジナル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<修羅地獄無頼 | ホーム | Σ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bosinari.blog71.fc2.com/tb.php/42-413ee908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。