ナウなヤングにバカウケしたいなあ。

自由故に孤独を愛し、孤独故に自由を欲す(猫侍)。スカイプIDはsuhubu1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

超古代の使者

img067.jpg
●名前 パイロエージェント
●全長 183cm
●重さ 84kg
●ミッションリーダー 白兵任務
●所属 超法規的防衛力”U”
●南極大陸近くで発掘された約3万5千年程前の古代遺跡の地下に仮死状態で眠っていたが、その体に新燃料「パイロニトロ」を注入されたことで蘇った。
パイロニトロをエネルギーにしているだけあって熱血漢。多少短期で血気盛んだが、悪いやつではない。
行動的だが、向こう見ずな性格によって引き起こす行動は、自分自身や仲間を窮地に追い込むこともある。
いざ戦闘となると、先陣に立って敵に向かって斬り込んで行く。まさに戦闘隊長だ。
必殺技は全身のエネルギーを炎に変えて放つ「オーバーフレイム」。
豪熱超人の異名を持つ。実は泣き上戸で、仲間にバレるのが恥ずかしいため、仲間と飲みに行こうとはしない。
===
西暦3000年。
地球上の国家の存在が、一つの共同体「統合世界連盟」に纏められて半世紀が過ぎた頃・・・
あまりにも増えすぎた統合世界連盟のタスクを減らすために、統合世界連盟では一つの策が計画されていた。
それは、統合世界連盟のタスクを新型巨大コンピュータ「ランドマスター」に一任しようというものだった。無論、反対する声もあったのだが結局、連盟上層部に押し切られる形で決定される。

そしてランドマスターにタスクが一任された時、事件はおきた。ランドマスターが連盟のタスクに於ける決定権をすべて掌握し、ランドマスターへのアクセスを禁じてしまったのだ。
世界連盟には世界中の全ての決定権が集まっており、その全てがランドマスターによって握られている。これにより、人類は身動きできずに待たなければならなかった。ランドマスターが何を考え、何をしているのかも知れず・・・

そして42時間が経過した時、何の前触れもなくランドマスターは統合世界連盟にランドマスター自らが定義した「これまでどおり人類が生活できる程度の決定権の数々」を返却し、自らをシャットダウンした。
これにより世界は今までどおりの生活に戻ったのだが、人々は知らない。ランドマスターが未だ健在であるということ。そして、超法規的防衛力”U”がランドマスターの手で生み出されていたということを・・・
===

超人。
もう少しシャープにしてもよかったような。
だが、満足。



実は今回の紹介文には実験要素が入っていたりなんかして。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/11(日) 22:41:35|
  2. オリジナル・シーズン2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<意味合いも無く「トランスフォーマーガム 第4弾」 | ホーム | 悪夢の尖兵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bosinari.blog71.fc2.com/tb.php/74-47d6d822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。